Ryoji Tatezawa
Profile

走ることが大好きだった幼少期、地元の陸上クラブに入団したことから選手としてのキャリアをスタート。当時は短距離種目が専門だったが、長距離種目に転向した中学・高校時代から世代トップクラスの選手として活躍を見せた。

高校卒業後は大学駅伝の強豪・東海大学に進学。2019年の東京箱根間往復大学駅伝競走では4区・区間2位の力走で、母校の総合初優勝に貢献。さらに2020年の同大会では6区を走り区間新記録を樹立、今もなお区間記録保持者として名前を残している。

現在のメイン種目である1500mを本格的に取り組み始めたのは2017年から。同種目では2017年・2018年の日本陸上競技選手権大会で2連覇、2020年には3度目の優勝を果たしている。2018年のアジア競技大会では日本代表入りも果たすなど、日本トップレベルのランナーの一人。

「地元横浜・神奈川を代表するアスリートとして活躍したい」という熱い思いを胸に、世界大会出場への壁が厚いと言われる中距離種目において、自身がその壁を打ち破る存在となるために挑戦を続ける。

生年月日 1997年5月16日
身長 173cm
血液型 A型
出身地 神奈川県横浜市
経歴 埼玉栄高 - 東海大 - DeNA
Best Time
1,500m 3分40秒49
5,000m 13分48秒89

Other Supporter

nike

Contact / SNS Account

Contact

取材・各種出演のご依頼はこちら
お問い合わせ